習得の四段階

スポンサーリンク

習得の四段階って知ってますか?

習得の四段階とは

次の記事を読んでいる中で「習得の四段階」というものが紹介されていました。

仕事を意味のあるものにする秘書力。必要なのは学ぶ力:書評 | ライフハッカー[日本版]
経営コンサルタント小宮一慶氏の秘書を務める『ビジネスパーソンのための「秘書力」養成講座』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)著者・井出元子氏。どんな仕事でも、求められるのは、関わる他者の視点を持つことだといいます。
物事を習得するときは、「(1) 知らない」「(2) 知っているができない」「(3) 意識すればできる」「(4) 無意識にやっている」という4つの段階を経て身につけることができるというのです

とあります。

  • 知らない
  • 知っているができない
  • 意識すればできる
  • 無意識にやっている

何かを習得するときの大まかな目安として使えそうです。自分がどのレベルにいるのか自己認識を深めるのにも良いし、目標設定のときに次に何をすればいいのかもわかりやすくなりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました