ものを頼むときは銃を片手に。映画『マラヴィータ』の名シーン

スポンサーリンク

映画『マラヴィータ』からマフィアらしい名シーンを紹介します。

映画『マラヴィータ』の紹介

映画『マラヴィータ』は2013年に製作されたアメリカとフランスの映画です。ジャンルとしてクライムコメディにあたります。

監督にはリュック・ベッソン、製作総指揮にはマーティン・スコセッシ監督。そして出演はロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズと豪華なキャスティングです。

ロバート・デ・ニーロ扮するフレッドの家族は、元々マフィア。証人保護プログラムによってFBIに見守られながら身を隠しています。しかし、行く先々で一家揃って問題を起こしてしまうために隠れ家を転々としていました。作品では、ノルマンディーの街に移ってから次の街に映るまでの一連の出来事が描かれます。

名シーン

さて、今回紹介するシーンは、主人公フレッドが配管工をシメるシーンです。バッドのようなものを持ったフレッドを写しながら、アル・カポネのセリフがナレーションで引用されます。次のカットではボコボコにされた配管工と思しき人物が運び出されるシーンに。。。

Al Capone said about asking polite

Al Capone always said, asking polite with a gun in your hand is always better than just asking polite.

「ただ丁寧に依頼するよりも銃を持って丁寧にお願いしたほうが良い」って言ってます。マフィアっぽいですね。

小ネタ

作中では町で映画の上映会が行われます。この時に上映されている映画は、マーティン・スコセッシが監督を務め、ロバート・デ・ニーロが出演した『グッドフェローズ』です。

タイトルとURLをコピーしました