WordPress の小ネタたち

WordPressロゴ ブログ運営
スポンサーリンク

WordPress のディレクトリ構成

WordPress を構成するファイルには3つのディレクトリがあります。wp-admin、wp-content、wp-includes です。

  • wp-admin:管理画面(ログインして設定を行なったり投稿したりする画面)に関するファイルを格納するディレクトリです。
  • wp-content:テーマやプラグインが格納されています。
  • wp-includes:WordPress のシステム全般に関するファイルを含んでいます。
WordPress のフォルダ構成/ Web Design Leaves
WordPress のフォルダ構成について

バージョンアップのときに変更するべきファイル、変更してはいけないファイル

wp-admin はバージョンアップで新しいファイルに変更になる可能性があります。バージョンを変更する際には、古いディレクトリを削除して新しいディレクトリを使います。

wp-includes は WordPress が使っているAPI、クラス、関数群が格納されています。バージョンアップで変更される可能性があるので、wp-admin と同様に古いディレクトリを削除して新しいファイルを使います。

wp-content にはテーマやプラグインが格納されています。このフォルダは、古いものを残して、新しいもので上書きするようにします。

データベースの接続先情報

wp-config.php の序盤に記述されています。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( 'DB_NAME', 'データベース名' ); 

/** MySQL データベースのユーザ名 */
define( 'DB_USER', 'ユーザ名' ); 

/** MySQL データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

/** MySQL のホスト名 */
define( 'DB_HOST', 'ホスト名' );

ここを変更したら管理画面にアクセスして動作を確認します。

WordPress の URL の格納場所

URL の情報は wp_options テーブルに格納されています。

option_name が site_url のレコードと home のレコードを探してください。

WordPressのURLを変更する4つの簡単な方法
WordPressのアドレスと、サイトのアドレス(またはURL)は非常に重要で、ウェブ上のサイトアドレスを表すと同時に、サイトのファイルや管理画面の場所も示します。

データベースのアプデ

MySQL 5.5から5.7へ大容量データベースの移行方法 - T&N リサーシャ
さくらインターネットの MySQL が5.5から5.7へバージョンアップしました。そこで、当サイトもMySQL5.7へ移行することにしました。ところが、移行するデーターベースが大容量だったため、phpMyAdminでインポートできませんでした。SSHでインポートできたので、備忘録を兼ねてその方法を紹介します。
https://digital.bmw-and-more.info/archives/3074

基本的にはダンプしたものをインポートするだけです。

各バージョンの動作環境と推奨環境

次のリンク先に対応表があります。

WordPress 各バージョンの動作環境および推奨環境
WordPress のフォーラムに「WordPress の推奨環境はどこで確認するのか?」というような内容のトピックが起ったので調べてみ...
タイトルとURLをコピーしました