より良い Pull Request を求めて

スポンサーリンク

良い Pull Request とは何でしょう。ここでは issue と PR はほぼ同じように考えたいと思います。

PR や issuse を作る能力とは、上手に課題を切り分ける能力なのかなあと思います。

良い課題定義

概要

概要を書きます。基本的には続く以下の内容がすぐにわかる内容だといいですね。

詳細

現状とたどり着きたいところと、現実的に目指すところがわかると良いですね。

  • 今の状態
  • 理想の状態
  • この PR で達成したい状態

「現状」の書き方

xxxの効率化がボトルネックになっている
工数と効果の両面での見積もりを行いたい

「この PR で達成したい状態」

今後のタスクが issue 化されていること

終了についての基準、定義

issue や PR が close できるのはいつでしょうか? プロダクト的には、ある機能が満たされていれば OK でしょうか。受け入れ基準(AC, Acceptance Criteria)とも言います。

開発者としては、コードの品質も良く、テストもパスしていることは必須の条件でしょう。

タイトルとURLをコピーしました