ストレスを感じやすい筆者が考えるネガティブな感情との付き合い方

スポンサーリンク

感情を分析する

ネガティブな感情には「怒り」「いらいら」「悲しみ」「恥」「罪」「不安」などがあるとされています。

いま感じている不快な感情はどれに当てはまりますか?

また、こうした感情になるまでには、何かきっかけになる出来事があり、それに対して自分が反応して、ネガティブな感情になるという流れがあると思います。きっかけはなんですか? 自分はそれに対してどのように反応したでしょうか?

読み進める前に実際に紙に書き出してみてください。

ネガティブな感情に対処しよう!

ネガティブな感情に対処できるようにしましょう。怪我をしたらバンドエイドを貼るように、心の傷にも応急処置が必要であると心理学者ガイ・ウィンチも言っています。

不安に駆られたときのストレス対処術
ネガティブ思考から抜け出せないとき一度ネガティブになると抜け出すのは難しいことがあります。負の感情を繰り返し繰り返し思い出してしまうことを反芻(はんすう)と言います。孤独を感じたとき、失敗して無力感に陥ったとき、挫折してどん底にいる...

ところで、ネガティブな感情は自然発生的なものなので、これらの感情を無くすことは難しいです。どうしても発生してしまう感情なので、発生した後の対処方法を考えてみることにしましょう。

ネガティブな感情の一番よくないところは、その 感情のせいで冷静さを失い、本来の自分ならば起こさなかったであろう問題を起こしてしまう ことです。

ティルト

これはポーカーから学んだ概念です。感情が乱れている状態では正しい判断を下すことができないので、この状態を抜け出す対策を考えておきましょう。

発散方法

泣く、笑うなどはネガティブな感情を発散するのに良い方法です。感動する映画を見たり、お笑いを見たりするのも効果的です。

体の緊張をほぐそう

不安な感情のときには、気づかずに体が強張っていることがあります。

気持ちが緊張することによって体が緊張するのではあれば、体の緊張をほぐすことで気持ちの緊張をほぐすことができるという仮定です。

脱力する方法!
この記事では脱力するためのアイデアを紹介しています。「肩の力を抜いて」とか「力まないで」とか良く聞きますよね?脱力が大切なことは様々な場面で耳にするので感覚的には理解できるような気がしますが、実際に脱力するのは難しいです。この記事で紹介する方法をためせば脱力に一歩近づけるはずです。

ネガティブな感情に支配されないために普段からできること

体調管理

何より体のコンディションを整えておくことは大切です。基本は、睡眠、食事、運動です。

脳機能の面からアプローチする

瞑想やマインドフルネスによって、前頭前野を鍛えるのです。

タイトルとURLをコピーしました